• ホーム
  • 全ての商品
  • お買い物ガイド
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

カートを見る

$LAST_NAME$さま

保有ポイント$POINT$P

ログイン/マイページ

新規会員登録


フレッシュCマスク15個セット

myEVERYセット

フルラインセット

定期お届けサービスのご案内

トップページ > vitaminc(よくある質問)

ビタミンCについて

ビタミンCとは
ビタミンCは私たちが生きていくために欠かすことのできない必須栄養素のひとつです。体内では主にタンパク質(コラーゲン)合成に重要な役割をはたしています。
ビタミンCと肌の関係
美肌ビタミンと言われているとおり、「美白効果」以外にも「肌の老化予防」、「コラーゲン合成」、「キメ・毛穴」、「ニキビ」などさまざまな効果があることが分かっています。
活性酸素とは?
体を構成する細胞が酸化すると、私たちの健康に重大な影響を及ぼします。酸化を引き起こす原因物質は活性酸素と呼ばれ、大半のお肌のトラブルも活性酸素が原因です。そのため「いかに効率的に活性酸素を取り除くか」ということが化粧品開発のテーマにもなっています。
紫外線対策と活性酸素について
UVケアによって紫外線からお肌を守ることが重要と言われています。紫外線を浴びると大量の活性酸素が発生するのがその理由ですが、紫外線を防ぐだけでなく、紫外線を浴びてお肌に発生させてしまった活性酸素をすみやかに取り除くことも同じく大切です。 ビタミンCは「活性酸素を取り除いてヒトの細胞の酸化を防ぐ」重要な役割をします。
飲むのと塗るのはどちらが効く?
ビタミンCは、「飲んでよし、塗ってよし」の美容には欠かせない栄養素でもあります。ビタミンCを有効にお肌に効かせたいならば、飲むだけではなく、直接お肌に塗るのが効果的。 飲んで体内に摂りいれても、お肌に届くのはごくわずかですが、お肌に直接塗ることでビタミンCはお肌に浸透して一定時間とどまり、お肌の活性酸素を取り除きます。
サプリなどのビタミンCを肌に塗ればいいの?
薬局でビタミンC粉末(アスコルビン酸、アスコルビン酸ナトリウム)を購入して、水に溶かして塗ればよいという訳ではありません。内服用ビタミンCをそのまま水に溶かして塗ってもお肌に浸透しづらいだけでなく、かえって肌への刺激になってしまいます。
ビタミンC誘導体とは?
ビタミンCをスキンケア用に使用するためには工夫が必要です。その工夫の一つが「誘導体にする」こと。分子にほかのもの(原子団と呼ばれます)をつけて、性質を変えたものを誘導体といいます。ビタミンCを誘導体にすることで、安定性を高める、浸透性を上げる、刺激を減らすなどさまざまなことが可能になります。
ビタミンCの種類について
たくさんの種類のビタミンC誘導体が作られていますが、最も実績があるのが「リン酸エステル型」とよばれるビタミンC誘導体(アスコルビルリン酸Na、リン酸アスコルビルMg)です。すでに化粧品原料として30年以上使用されており、皮膚科などの医療機関で使用されているビタミンC誘導体もほとんどがこの「リン酸エステル型」です。
毎日、ビタミンCを使い続けていくうちに効果が出なくなることはないですか?
抗生物質などある種の薬剤を使い続けることで、効果が出なくなってしまうことを薬剤耐性といいます。薬物耐性は、対象となる細菌やウィルスが薬剤に対する抵抗力を持つことで起こります。それに対して、ビタミンCが活性酸素を取り除く仕組みは、酸化還元反応という化学反応によるものです。使い続けることでこの反応が起こらなくなることはありません。
どれくらいの濃度、量を使えばよいですか?
ビタミンCは毎日継続して肌に与え続けることが重要とされています。「リン酸エステル型」ビタミンCローションの濃度は3%と6%が効果の出やすいひとつの目安とされています。使う分量についても、薄く延ばして使うのではなく、滴るくらいの量を一度に肌に使ったほうが効果的です。
化粧品にビタミンCが多用される理由は?
理由はたくさんあります。たいへん身近でその効果をどなたにでもイメージしやすいこと、美肌ビタミンと言われてお肌に良い効果がたくさんあること、安全性と使いやすさで他の成分より優れていること、必須栄養素でありトラブルのリスクが低い*こと、・・・などなど様々な理由から化粧品にビタミンCが配合されています。(*使用するビタミンCを正しく選び、正しく使用した場合に生じるトラブルのこと、またすべての人に刺激等がないわけではありません。)
ビタミンEとの相性について
ビタミンCには、ほかの抗酸化成分をサポートする働きがあります。抗酸化ビタミンとして特にビタミンCと相性の良いのが、「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEです。水溶性のビタミンCと油溶性のビタミンEでは効果が出る場所が異なること、ビタミンCがビタミンEの抗酸化作用をサポートして効率的に機能することがビタミンCとビタミンEの相性のよさの理由に挙げられます。 ビタミンEは単独でも、保湿・アンチエイジング(抗酸化)・肌荒れや赤みを抑える・抗炎症・血行促進などの効果があります。